営業の人に提案されるがままに保険に入っててしまって実は、内容を十分に理解できていない方も多いと思います。
保険無料相談サービスの利用を考えてみてはいかがでしょうか。
保険の知識がなくてもFPが今はどんな保険に入っているか、ライフプランに合う保険ではなかった場合、こっちの保険の方があっているなど相談に乗ってくれます。
また、その結果、余計なオプションを外したり別の保険に乗り替えることで保険料が減ることもあります。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用し条件を満たすとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていることもあります。
保険のプロと0円で見直しができるだけでなく、あわせて商品券などプレゼントがもらえる場合があります。
もらうためにはどうすれば良いのかというと、実際に面談をすれば良いだけだったり、さらにアンケートが必要だったりするところがあります。
一万円に満たないほどの金額ではありますが複数の会社で面談をしたら合わせて数万円にもなるかもしれません。
ただし、もちろんもらうことが目的と判断された場合は無理なので、もらえたらラッキーなものくらいに思っておいて本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。
例えば、ショッピングをしていて商品を勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じてしまう人がいます。
そういう方の中には、ほけんの窓口の無料相談をして新しい保険を勧められ、断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。
その結果、自分に合わない保障内容になっているなどトラブルの報告を聞きます。

なので、ここではFPの見極めるポイント、断り方について書こうと思います。
見極めるポイントの1つとして相談した際に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。
保険は家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立ってくれるFPなら止めないはずです。
もし強引に引き止めてくる、強引に勧誘してくるFPなら担当者を変えてもらいましょう。
保険相談ができる会社はたくさんあるのでどこに決めたら良いか判断に迷うときもあるでしょう。

これだけでも事前にチェックしておきたいという重要なポイントをいくつか挙げてみようと思います。
一番知っておきたいのは、どれだけ能力の高いFPさんがいるかです。
それから現実に万が一トラブルになった場合にきちんと対応してくれるサポートがある会社にしましょう。
加えて多くの商品を取り扱っているところはいっそう顧客に合ったプランを作成しやすくなります。
契約後どんなフォローがあるかという点も調べておきましょう。

テレビなどのメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、CMによっては利用方法がよくわからないこともあります。
なので、ここでは無料相談の利用時の流れについて書きます。
一般的にどのサービスもインターネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは近くの店舗で相談という流れになります。
当日、担当者に会ってからは、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険の保障内容について確認・説明をします。
その後、聞き取りをした人生設計などから条件に合う保険を提案します。
再度、相談者のライフプラン・将来の希望と照らし合わせて保障が合っているかを一緒に確認します。

無料で保険の相談に乗ってくれる会社の中でも、店舗数も多く、テレビでCMを流したりもしていて世間に広く認知されているであろう「ほけんの窓口」。
いわゆる来店型の会社の中でも知名度はトップクラスで、ネットなどにおける口コミや体験談がたくさんあるのもありがたいところです。
最初の面談ではまず「保険」というものの説明から始まり、質問をしても嫌な顔せず答えてくれるとのことで評判が良く、満足度も高いとのこと。
さらに扱っている商品の数もたくさんあるので、いろいろなプランを比較検討しやすいでしょう。

せっかく無料で保険について話し合うことができるのですから、可能な限り無駄のない時間を過ごしたいところです。
見直しに関して注意しておくと良いのは、現状の保証と月々の支払額で問題はないのかどうか?そしてそれは自分に合っているのかどうか?ということでしょう。
面談までの下準備に自身のライフスタイルを明確にし、健康診断の結果などあれば用意しておきましょう。
参考→ほけんの窓口の評判は?無料相談口コミと私の体験談!【予約必要?】

今の保険を選んだ際にどういったものを参考にしましたか?
ランキングサイトなどネットを参考にした人、職場に来た保険の営業員の人の勧めなどいろいろな方法で選んだと思います。
そうやって契約をした結果、月々の料金がキツい、実は保障内容を理解していないという人も多いのではないでしょうか。
保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。
当たり前のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。
思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合ったオプションが紹介してもらえたという話も多いです。

よくTVCMなどで聞くほけんの窓口の無料相談サービス、どうやって収入を得ているのでしょうか?
その答えは、FPが紹介した保険に相談者が契約した際の手数料です。
この仕組みは相談者にとっては、メリットが多いです。
相談者が契約した時に初めて収入が発生するということは、契約してくれなければFPは収入がないため、保険を紹介するときにわかりやすく説明するなど、紹介の質を高めなければなりません。
そのため、保険自体が相談者の希望に合致していて、説明内容や面談後のアフターケアなど紹介者のスキルが高いことが多いなど良い面ばかりです。
信頼性を気にしているので、現状の契約の方が最良と判断をしたら別の保険を無理に勧めたりもしません。
皆さんも保険についてわからないことがあれば気楽に相談してみましょう。

保険相談をしたい場合には、どんな方法があるでしょうか。
FPさんを自宅まで呼ぶ人もいるでしょうし、テレビや雑誌で宣伝している通りに店舗まで行ったことがある人も少なくないのではないでしょうか。
全国展開しているような会社なら駅前や地下街などといった、ちょっと立ち寄るにも便利な場所で営業している場合も多いので、気軽に利用できそうです。
家を知られたくなかったり、プライバシーが確保できない場所でお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、一度来店型で面談を考えてみても良いかもしれません。

ネットで少し調べるだけでも、たくさんの保険無料相談会社のクチコミがあります。
それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、それについて専門家に話してみたいと思っているということなのでしょう。
さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。
中でもこちらを訪問してくれるタイプの評判が気になるところですが、重要なチェックポイントはFPさんの知識量や提案、さらに客側の希望を取り入れようとしてくれるかどうかでしょう。
気になった会社があれば、FPさんの質について重点的にチェックしてみると良いと思います。

Tポイントやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談で付与されるキャンペーンを見かけます。
高額ポイントの付与キャンペーンをしているサービス名が聞いたことのないものばかりで本当にポイントがもらえるかわからないですよね。
このキャンペーンの多くの場合では数回の面談を実施し、アンケートに回答するとポイント付与という流れが多いです。
そのため、サービス側は最初の面談等で契約の見込みがないと判断されたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。
そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

保険無料相談を行っている会社について、いろいろな視点で見ることができる比較サイトというものがあります。
比較検討をする際のポイントは、実際にFPさんと会えるまでの流れの簡単さや、取り扱いが可能な商品の豊富さ、そして最も見るべきはFPさんの評価の良し悪しです。
場合によっては数百万でもきかない金額になるものですから、複数の会社で面談をしてみることで結果を比較検討し、「この人なら信頼できる」と思えるような人とこれからのことを決めていくのが良いと思います。

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは多少は皆さんも思っているはずです。
保険料金を見直してもいいかもしれません。
最近、様々なメディアで耳にするほけんの窓口の無料相談サービスを利用してみるのはどうでしょうか?
でも、保険の知識がなくても利用して大丈夫なの?相談に行ったら必ず新しい契約をしなきゃいけないみたいで行きにくい。という風に思ってしまう方もいると思います。
安心してください、知識がなくても今、契約中の保障内容の確認だけでもOKです。
相談する場合は、契約中の保険証券などをFPに見せるとよりどう行った内容かわかりやすくなります。

時折見かける、「保険無料相談をすると牛肉プレゼント」という販促方法ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。
昔は保険相談をするのにお金を払って相談するのが主流でした。
しかし、時代の変革とともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができるようになりました。
保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の製品を是非とも契約して欲しいと考えています。
そこで無料相談サービスが増えたことで獲得しにくくなった保険見直し希望者を獲得するために、特典を出してでも件数を増やしたいという考えから始まりました。

保険無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。
それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。
結論から言うと存在します。
相談サービスは元々有料なのが基本だったそうです。
では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。
無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。
なので、FPにとって手数料の高い保険(FPにとって都合のいい保険)を案内してくる人が中にはいます。
逆に、有料相談では、無料相談と比べ販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いようです。

関連記事

    None Found